外壁塗装のリフォームは耐久年数に基づいて考えよう

外壁塗装のリフォームは耐久年数に基づいて考えよう

住居を守るためには絶対に必要

安心して住むことの出来るのが住居において、その外壁にはどんな施工がされているのか知っている人は多くありません。外壁には用途に合わせた素材が用いられていてますが、主流になっている外壁材と言えば、モルタル壁かサイディング壁材になるでしょう。昔ながらの板張りなどは通気性が良く、素材を活かした利用価値は高いものの、耐久性がいまひとつで最近ではあまり使われていません。下地を守るための外壁塗装は家全体を守る大切なものと考えて良いでしょう。


気候条件による違いもある

外壁塗装の修理やリフォームには適切な時期があります。そのためにも住居の外壁を定期的にメンテナンスすることはとても大切なことと言えるでしょう。外壁に施されている塗料がどんな塗料なのかによって耐久年数が分かります。また日々厳しい気候に耐えている外壁の状態には、注意して見て置く必要があります。外壁塗装の塗料はその種類により、耐用年数の差が15年もあります。また地域の気候条件、日照量、紫外線、雨量などのあらゆる条件下による違いもあります。一般論ではモルタル壁でもサイディング外壁材でも外壁の塗装を塗り替えは10年と言われています。


出来るだけ耐久性を重視した選択を

何のために行う外壁塗装リフォームなのかを、今一度考えてみましょう。家を守るための外壁塗装なのですから、最も耐久性、耐水性のあるフッ素樹脂塗料を選び外壁塗装リフォームを行うべきです。外壁のメンテナンス時に多くのクラックが見つかったなら、間違いなく外壁塗装のリフォーム時期と言えるでしょう。ひび割れから雨が浸み込んだりすれば、内部に大きなダメージを与えます。内部に湿気をもたせてしまうと基本構造が傷んで、家自体の寿命も短くなってしまいます。一番耐久性が高いのはフッ素系塗料、二番目に耐久性があるシリコン系塗料、ウレタン系塗料は三番目、アクリル系塗料の耐久性は一番低くなります。貯蓄率や予算というものもあるでしょうが、安全な家を目的とするなら費用より耐久性を一番に考えるべきでしょう。



家の外壁を塗り直す外壁塗装を千葉で行うことにより、家をより長く守って使うことができるようになります。