新築一戸建てを手に入れる!!どうすればスムーズに土地選びができるか!?

新築一戸建てを手に入れる!!どうすればスムーズに土地選びができるか!?

土地は家づくりを左右する

新築一戸建てを手に入れる過程で、かなり判断が難しいのが土地選びですよね。いったい、どう考えればスムーズにいくのでしょうか。土地が決まらなければ家づくりがはじまらないのは当たり前のことですが、家をつくるときの条件になるものの中でも土地は別格になります。多少の予算変更がされても設計ははじめられますし、家族構成の変更はややきついですが、生活スタイルも含め変更は何とかなるものです。しかし、土地が決まらないうちに設計がさせることは、少なくとも建築家との家づくりにおいてはないでしょう。選んだ土地が家づくりにおいてかなり大きな条件をもたらすことがわかっているからこそ、土地探しはエネルギーが必要になります。


まずは立地を重視というのはある意味正しい

ぴったりの土地がないと土地探しをしている人はよくいうものです。ところで、ここでいう土地には立地という意味と土地そのものの特徴、この二つの意味があることを理解できているでしょうか。駅から徒歩10分などの立地からくる条件についてはいくら建築家と施主が手を組んで知恵を出し合っても、そこで営まれる暮らしに与える影響を変えることはできず、駅から10分の土地に建てた家はどうあがいても駅から10分の家になります。一方、狭いし傾いてよくない土地というように、土地そのものの特徴からくる条件のほうは違い、傾斜というのはマイナス要因としてとらえられやすいですが、絶対のものではなく、建築家の手腕により魅力的な新築住宅ができあがることもあるでしょう。条件の影響はマイナスからプラスにも変えれるということを覚えておくといいでしょう。また、だからこそ、土地選びでは立地を重視するという考えはある意味正しいということになります。


狭い土地にも家は建つ!?

ひとまず、立地で区別してしまえば、土地の特徴というのはなんのことはないです。そこでどんな建物を建てられるかを左右する条件そのものであることがわかります。面積や形状、建蔽率、容積率などは、それそれが建物の広さや大きさを左右する条件で、それらは組み合わされて新しい条件を生むのです。面積が小さい土地にも広い家は建ち、20坪の土地でも容積率が200パーセントあれば床面積40坪の家が建ち、30坪の土地でも容積率が100パーセントなら床面積30坪の家しか建ちません。こうした思考に長けているのは建築家で、普通の人が想像するような家でないものを造れる可能性を持っていますし、建築家との家づくりでは依頼すれば土地探しから付き合ってくれるので共にチャレンジしてみるのもいいでしょう。



草加市で新築一戸建てを建てるメリットは、地価が手頃なこと、そして県内の他に、都内への通勤通学に便利なことがあります。